お部屋探しに役立つ賃貸の単位や記号の意味

不動産会社で賃貸の案内を受ける際、間取りや物件情報でよく目にする「LDK・WIC…」の単位や記号、疑問に思いながらも相づちを打ってしまった…という方も多いと思います。ここでは、賃貸用語の中でも賃貸の表示でよく使われる記号や、単位の意味をご紹介しようと思います。 「帖・畳」お部屋の広さを表す単位で1帖は1.65平方メートルですが、地域によって多少差があるようです。「坪」面積の広さを表す単位で、1坪は約3.3平方メートルおよそ畳2枚の広さとなります。「間」長さを表す単位で、1間は約1.82m畳の長辺程の長さになります。「DEN」書斎や納戸、サービスルームを表します。「DK」ダイニングキッチンの略、キッチンと同じ構成ですがそれよりも広い作りとなっています。「K」キッチンの略で大体4.5帖までの広さの場合使われます。「LDK」リビングダイニングキッチンの略で居間とダイニングキッチンが一つになった作りとなっています。一般的に8帖以上の広さの場合使われます。「SLDK」LDKにSR(サービスルーム)が付いている間取りの事です。「SR」サービスルームの略で他にも納戸やフリースペースとも言われ、主に収納部屋として使われます。「1R」ワンルームの略、部屋一つを基本に浴室やトイレなどで構成されている間取りの事で、キッチンは部屋の中に含まれます。「WIC」ウォークインクローゼットの略で普通のクローゼットよりも広いです。「UT」ユーティリティの略で洗濯機置き場などを指すことが多い。いかがでしたか、賃貸情報で使われる記号や単位も意味が分れば、お部屋探しはもっと楽しくなる事でしょう。

デイサービス 新潟

運転代行 大阪

浮気調査 探偵

エプソン インク